ミニレッキス★レッキーとの日々★

レッキー王子の日々あれこれ~レッキーは2017/1/1に天寿を全うしました~

*******************************************

ウサギを家族にして20年目です。次男レッキーは臼歯の不正咬合を持つミニレッキスで、生後半年くらいから、3週間に1度の麻酔治療が必要な子でした。現在は、レッキーを可愛がってくださる沢山の方々のお力のおかげで、定期的な経過観察はしていますが、ほぼ完治という状態です。レッキーは歯が悪くなって以来牧草を食べません。変わりに、ペレットとタップリの野菜を食べています。
また初めてウサギを飼う方でミニレッキスで検索されて、このBLOGにたどり着いた皆様へ。レッキスは、やんちゃで、キック力が強いのですが、とても賢いので付き合い次第で、とても良い関係になれる種だと思います。しかし、ウサギはマンションでも飼える小動物ではありますが、マスコミ等で取り上げられているほど簡単に飼える命ではありません。基本的に臆病な生き物で個性も癖もそれぞれ違いますし、懐くのに時間がかかったり、怖い目に合うと噛み付くようになる子も居ます。種によってもかなり個性が違います。時には大きな病気、もしくは長い付き合いになる病気をする子も少なくありません。女の子・男の子でも違いますし、病気になった場合は医療費はかなりの高額になります。一回の診療で万単位でかかることが多いです。ウサギさんを迎え入れる前に充分のお勉強と覚悟をしてから、近所にウサギを診てくれる獣医さんが居るかも調べてからお迎えしてあげてください。(これ、かなり重要です。ちゃんと、エキゾチックアニマルの知識のある獣医を探してください。)そしてお迎えした以上は、最後を看取るのも飼い主としての大切な役目であることを覚悟しておくことも必要です。どうか一緒に暮らせる限られた時間を大切にお過ごしください。なお、このBLOG内にて私が日常レッキーに使ういろいろな物を掲載しておりますが、こちらもおススメする意味で掲載はしておりません。ご使用は個々の責任にてお願いいたします。

以前は、頻繁に更新してましたが、いろいろなことがあり、今は現状報告みたいな感じで放置気味に更新しています。コメント欄もほぼ閉じているコミュニケーション欠乏BLOGです。ツイッターはよくつぶやきますが、ウサギを通してコミュニケーションを深め、個人的に仲の良いうさ友さんとの専用&かなり個人的な内容も書いてるので、フォローはコミュニケーションを深めてから、承認させていただいております。

2012年5月、弟分、暁(サトル)さん(ライオンラビットミックス)をお迎えしました。超マイペースで、今のとこ健康。好き嫌いなく食べる子です。我が家で、初めて牧草を食べるウサギさんです。お月様のうーちゃんともレッキーとも個性も好みも全く違います。その分多頭飼いをして良かったと思う今日この頃です。

2015年3月26日、八か月の闘病をとってもとっても頑張った暁は、虹の橋へ旅立ちました。

2015年5月30日、アメファジとして販売されていた、明らかにmixうさぎの、ポコ太をむかえました。

*******************************************
cha1.jpg
  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロッコリーが旬です♪

2009.12.04 (Fri)

ブロッコリーが旬の季節。レキさんもマイブームです。

ブロッコリーはレモンの2倍のビタミンCを含み、皮膚や粘膜を保護するカロチンやビタミンAも豊富に含んでいるので、寒い季節のかぜ予防に、おかたんも必ず3食のうち1回は食べてます。なんと!カロチンやしみそばかすに効果のあるビタミンCの働きで、美肌効果も期待できるそうですよ。食物繊維も多く、血糖値を正常に保つ作用もあるんだって~。特に太い茎の部分や葉っぱはその含有量が実より豊富。その部分がレキさんの大好物です。

では!今日は童謡「さっちゃん」のメロディーで♪

s1150947.jpg


s1150974.jpg


s1150970.jpg


s1150976.jpg


s1150953.jpg



こないだの日曜日、スーパーのブロッコリーの箱の底にいっぱい葉っぱが落ちてたので、「すみません、うちのウサギが葉っぱも好物なので、いただいてもいいですか?」と思い切って言ってみました。そしたら店員さん、「ウサちゃん、飼ってるんですかー?いいですね~!!」って快くくださいました。きゃは!言ってみるもんだ!!

で、昨日は某デパートの野菜売り場に産直のブロッコリーが葉っぱ付きで山積み~。でも葉っぱを捨てる箱があって、そこにいっぱい捨ててありました。これまた、おかたん勇気を出して「これ、捨てますか?もし捨てるなら、うちのウサギさんにもらってもいいですか??」と聞いてみました。
これまた快く「どうぞ!どうぞ!!ウサギさん、うちの娘も飼いたいって言ってるんですけど、飼い易いですか?」って聞かれてしばらーく店員さんと、ウサギについてお話やアドバイスなど・・・。
うはは!言ってみるもんだー!!のりさんのおっしゃるとおりでした♪

ということで、今が旬のブロッコリー。おかたんもレキさんもいっぱい食べてます~。レキさんに一番栄養の整った繊維質の多い太い茎を上げると、アグアグ、カミカミして時間かけて食べるので、おやつ代わりにサークルに入れてます。セロリもミニセロリという葉っぱのいっぱい付いた品種が販売されてて、お野菜の美味しい冬・葉つき根菜もいっぱいの冬!なのであった~。おかたんのダイエットと便秘にも最適~。レキさんの、おっきなウンチョスにもね~。



皆様にお詫びがあります。文章力が無いので長文で失礼いたします。

レッキーさんのご飯は野菜の他に牧草・おやつにペレットもあげてます。私の文章力の無さや、かいつまんで一部分だけしかクローズアップして書いていない記事もあったりしたので、今回食事に野菜を多く取り入れている理由を正確に書きますと、

①レキの場合、牧草の食いつきがその日の歯の調子によって極端に落ちることがあるので、あくまでレキ自身とレキの変形している顎と歯に合った繊維質摂取の補助のためです。(最初は換毛によるうっ滞から来たものかと思っていましたが、最終的に不正咬合が原因だとはっきり解ったためです。)

②ウサギは一ヶ月に1cm歯が伸びます。レキの曲がって生えている臼歯もその時々に応じて好きな方向に伸び続けますので、伸びすぎた場合は麻酔のリスクを負いながら歯を削らなければなりません。レキの様な顎の変形のある子は将来は膿の溜まる病気に確実になるという予見も受けています。そのため、歯が伸びるのを少しでも遅らせて、手術の回数を減らすことや、膿の溜まる病気も軽くて済む様にという予防のためです。

③また、歯が伸び始めて、牧草や硬いペレットへの食いつきが悪くなった時に、普段から繊維質の採れる代替の食べ物でジャンクフード以外ものを食べられるようにしておかないと、いざという時に困るからです。ウサギの食への嗜好性はかなり早い時期に決まってしまうので1才になる前に何とかしておきたかったのです。

④ジャンキーなフードばかり食べていた歯を削る前の体重が、現在標準に落ち着きつつあるというのは、あくまでこの歯を考えた食事内容の副産物的な結果です。(BLOG内で腹ペコレキなどと茶化して書いていることがありますが、医学的に指示された体重に応じる量の野菜とペレットはあげています。牧草も食べ放題です。)

以上が主な理由です。複数の小動物専門病院の先生と、不正咬合について詳しい長年のウサギ飼いの方の資料とアドバイスに基づいて繊維質の野菜を多く取り入れるメニューを作っています。レッキーは生まれつき、顎の変形という障害を持って生まれてきました。なのでその病気とずっと共存して生きていかねばなりません。レキにとって「歯」は命取りにもなる大事な大事なものです。人間も病気の時は病気に合わせた食事があるように、レキにもレキのの歯と顎に合わせた食生活があって、少しでも予防になればと思って実行しています。

決して皆さんに「同じ食事をお薦めしているのではない。」のです(涙)。ましてや、他のお家の育て方や食生活を否定しているつもりなど毛頭ありません。BLOGをそんなものに使うなんてもっての他だと思っています。しかし、万が一今までにそのように印象を持たれましたウサギオーナー様には心よりお詫び申し上げます。

私は基本的に、ウサギさんの食生活はその子と飼い主のライフスタイルに合うストレスフリーなのものが一番だと思っています。なので10人10色10兎10色あって良いと考えます。好みだってあります。アレルギーだってあります。健康で何も障害の無いウサギさんたちには、幸せな食生活を送られることを心より願っています。

今度病院で先天的不正咬合の顎のレントゲンをデジカメで撮らせていただけたら撮らせていただいてきますね。(見事に顎の骨が湾曲してます~。)野菜生活になると、ペットホテルに預けるのが難しくなるのがデメリットかなー・・・。

クドクド長い文章になってしまいましたが、今後もこういうスタンスでレキの歯を一番に考えた食生活でやっていきたいと考えています。ウサギに関する研究解明・医術の進歩を願いつつ・・・。
スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

きぃ~たん

Author:きぃ~たん
転勤族夫婦とミニレッキスの♂とライオンラビットミックスの♂の4人暮らし。

11年間福岡~関西~関東と一緒に暮した、ミニウサギのうーちゃんが2009年1月2日に虹の橋へ旅立ってから、心に穴が空いた日々。

そんな中、ミニレッキスのレッキーがやってきた!2008年11月15日生まれの男の子です。食いしん坊で暴れん坊、でもちょっとビビリなレッキーとの日々をほぼ飼い主の自己満足&かなり親ばかに綴っています。

★レッキー:2代目うささん。ミニレッキスの男の子。ブロークンブルートート。溺愛されて、王子の座に君臨しております。やんちゃで食いしん坊。好物はセロリと明日葉。お顔マッサージ大好き。抱っこ嫌い、でも遊んで欲しい。毎日、飼い主に刺激と癒しをくれます。体が弱く、1歳のお誕生日前に臼歯の不正咬合と診断されました。以来病院ジプシーをして現在はようやくその治療に光が見えてきました。いろいろな方の力を頂き、完治目指して頑張っています。→不正噛合は現在完治と言える状態です!叱咤激励の全てに今は感謝感謝です。



★暁さん(サトルさん)
三男坊。レッキの弟分として2012年5月26日より家族に。
ライオンラビットミックスの男子。2月24日生まれ。たまたま行ったホームセンターで、きーたんが出会い、ビビビと来てしまい、お迎えしました。モヒカンヘアがチャームポイント。マイペースで穏やかで、レッキーとは対称的な性格。季節毎の換毛でライオンになったり、ライオン脱いだり風貌がかなり変わります。
2015年3月26日、8ヶ月の闘病を頑張り、旅立ちました。
うーちゃんと同じお墓で眠っています。

satoru91.jpg



★うーちゃん:初代のミニウサギの男の子。なでなでと抱っこ大好きのとても大人しくて甘えん坊な子でした。食が細く1500グラムの小さな体で、切歯の不正咬合とスナッフルを乗り越え11歳のご長寿でした。今は虹の橋で暮しています。
060128_0843~01

★ちゃまお(旧レキ父):九州人。実家は今までいろんな動物を飼ってきました。(ちゃまおのお父さんは獣医さんでした。今は引退してます。) いつもレッキーのキックと引っかき傷の犠牲者。レッキーにチューするのが日課です。でも時に厳しく躾もしてくれる頼もしいちゃまお。

★きぃ~たん(旧レキ母):どこに住んでも博多弁まるだし。派遣でフルタイムで働いています。レッキーさんのご飯係とお掃除係と遊びと運動とお顔マッサージとスプレー行為の的の係。

レッキー王子は現在・・・

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2ブックマーク

仲良しうさ友さんの承認制です。

Lecky_minirexをフォローしましょう

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。