ミニレッキス★レッキーとの日々★

レッキー王子の日々あれこれ~レッキーは2017/1/1に天寿を全うしました~

*******************************************

ウサギを家族にして20年目です。次男レッキーは臼歯の不正咬合を持つミニレッキスで、生後半年くらいから、3週間に1度の麻酔治療が必要な子でした。現在は、レッキーを可愛がってくださる沢山の方々のお力のおかげで、定期的な経過観察はしていますが、ほぼ完治という状態です。レッキーは歯が悪くなって以来牧草を食べません。変わりに、ペレットとタップリの野菜を食べています。
また初めてウサギを飼う方でミニレッキスで検索されて、このBLOGにたどり着いた皆様へ。レッキスは、やんちゃで、キック力が強いのですが、とても賢いので付き合い次第で、とても良い関係になれる種だと思います。しかし、ウサギはマンションでも飼える小動物ではありますが、マスコミ等で取り上げられているほど簡単に飼える命ではありません。基本的に臆病な生き物で個性も癖もそれぞれ違いますし、懐くのに時間がかかったり、怖い目に合うと噛み付くようになる子も居ます。種によってもかなり個性が違います。時には大きな病気、もしくは長い付き合いになる病気をする子も少なくありません。女の子・男の子でも違いますし、病気になった場合は医療費はかなりの高額になります。一回の診療で万単位でかかることが多いです。ウサギさんを迎え入れる前に充分のお勉強と覚悟をしてから、近所にウサギを診てくれる獣医さんが居るかも調べてからお迎えしてあげてください。(これ、かなり重要です。ちゃんと、エキゾチックアニマルの知識のある獣医を探してください。)そしてお迎えした以上は、最後を看取るのも飼い主としての大切な役目であることを覚悟しておくことも必要です。どうか一緒に暮らせる限られた時間を大切にお過ごしください。なお、このBLOG内にて私が日常レッキーに使ういろいろな物を掲載しておりますが、こちらもおススメする意味で掲載はしておりません。ご使用は個々の責任にてお願いいたします。

以前は、頻繁に更新してましたが、いろいろなことがあり、今は現状報告みたいな感じで放置気味に更新しています。コメント欄もほぼ閉じているコミュニケーション欠乏BLOGです。ツイッターはよくつぶやきますが、ウサギを通してコミュニケーションを深め、個人的に仲の良いうさ友さんとの専用&かなり個人的な内容も書いてるので、フォローはコミュニケーションを深めてから、承認させていただいております。

2012年5月、弟分、暁(サトル)さん(ライオンラビットミックス)をお迎えしました。超マイペースで、今のとこ健康。好き嫌いなく食べる子です。我が家で、初めて牧草を食べるウサギさんです。お月様のうーちゃんともレッキーとも個性も好みも全く違います。その分多頭飼いをして良かったと思う今日この頃です。

2015年3月26日、八か月の闘病をとってもとっても頑張った暁は、虹の橋へ旅立ちました。

2015年5月30日、アメファジとして販売されていた、明らかにmixうさぎの、ポコ太をむかえました。

*******************************************
cha1.jpg
  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッキー王子をお迎えするにあたって

2009.02.28 (Sat)

P10100831.jpg

今や、我家で不動の王子の地位に君臨したレッキー王子。
レキ母とレキ父の宝物です。
なんででしょ。時々すっごいぶっさいくなのに、それも可愛い。
先代のうーちゃんを亡くした分、レッキーにはもっともっと幸せになってもらいたいと心から願っています。

うーちゃんを亡くしてから、東京には「捨てウサギ」という子たちが居るのを前から知っていたので
NETで探してみました。河川敷や公園に捨てられたうさぎさんたちが、たくましくも繁殖してどんどん数を増やしているのを保護するボランティアの方々のHPを探しました。できれば、そんな子たちから里子にもらいたかったんだけど、どこのHPも更新が滞っていて、活動の継続の難しさを感じました。

数日前に、コメントに書いたお話ですが私の知っている人も、うさぎを山に捨てました。
そこは神社の裏山で確かにニワトリなんかは野放しになっている場所です。
だから、きっと生きていける、寂しくないだろうと、言っていました。
5年以上もゲージの中で暮したうさぎが、野生で生きていけると思いますか?
知り合いが捨てウサギをした理由は「老いていくのを見るのが怖い。死ぬのを見るのが怖い。」という理由でした。私だって、先代のうーちゃんがスナッフルに2度もかかってしまい、余命宣告をされた時は、うーちゃんが死んじゃったら、自分の心が正常でいられるか全く自信がなく、まだうーちゃんが病気と戦ってるのに既にペットロスな状態で泣きながら車を40分近くも運転して病院へ通ったものです。病院でも先生の前で何度も号泣して助けを乞いました。
運良く、うーちゃんは先生が時間外も診てくださったり、私物の食べやすいご飯を分けてくださったり、抗生剤が効いてスナッフルからは生還しました。

今年の年賀状にも、ちょっと老いぼれたうーちゃんを載せました。確かに老いていくのを見るのは嬉しいものではありません。骨もごつごつするし、毛もボサボサだし、うん●もおちっこも垂れ流しです。
それでも、ご飯ちょうだい!お鼻なでなでして!って意思の疎通はできました。老いても心はちゃんと通じ合えていました。

私はその時にその知り合いに言いたいことが言えず、電話を切ってから涙が出てきました。
「捨てた事に自責の念でいっぱい」と後悔の言葉もありましたが結果捨てたことには変りありません。
自責の念でいっぱいなんて言葉で、自分を擁護するなんて卑怯だよ。
最後まで面倒みないのなら、何故飼ったの?
あなたがうさぎで、もし捨てられたらって考えたことある?
そんな人間の勝手なわがままで小さな命を消すの?
言えなかった自分がもっと悔しくて涙が出ました。

私が自分でも驚くくらい冷静にうーちゃんの最後を看取ることができたのは、十分お互いに楽しい11年を過ごせ、老衰に近い形で最後を迎えた達成感でもあったのかもしれません。11年のたくさんの想い出と癒しに、感謝の気持で見送ることができました。まだしてあげれることがあったのかもしれないという後悔の気持もちょっぴりありますが。まあ、こんなことを書いていても、やっぱり涙は今でも出てきます。

菊のお花に囲まれたあの安らかな永遠に覚めることの無い寝顔は、一生忘れないと思いますし忘れてはならないと思います。

レッキーともいつか必ず、何らかの形でお別れは来るでしょう。だから、今が、一緒に過ごせるこの時間が大切な時間です。レッキー王子の一生が幸せな一生であるように、、、
とーさん、かーさんも人生の中でレッキーと一緒に生きる時間が持てることを日々感謝しつつ。

今日はちと湿っぽい話題だけど、相変わらずレッキー王子の王子っぷりは日々拍車がかかっております!

PM13時15分追記
★捨てうさぎの事をBLOGに書くのはどうかと迷ったのですが、書いてからドキドキしてました。ブログ拍手くださった方ありがとうございます。


髭男爵の樋口君も4羽のうさぎと暮すBLOG書いてるので読むと楽しいです。
こないだTVにもうささんと一緒に出てたよ~。
http://ameblo.jp/higedanshaku-higuchikun/

にほんブログ村 うさぎブログ レッキス・ミニレッキスへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

きぃ~たん

Author:きぃ~たん
転勤族夫婦とミニレッキスの♂とライオンラビットミックスの♂の4人暮らし。

11年間福岡~関西~関東と一緒に暮した、ミニウサギのうーちゃんが2009年1月2日に虹の橋へ旅立ってから、心に穴が空いた日々。

そんな中、ミニレッキスのレッキーがやってきた!2008年11月15日生まれの男の子です。食いしん坊で暴れん坊、でもちょっとビビリなレッキーとの日々をほぼ飼い主の自己満足&かなり親ばかに綴っています。

★レッキー:2代目うささん。ミニレッキスの男の子。ブロークンブルートート。溺愛されて、王子の座に君臨しております。やんちゃで食いしん坊。好物はセロリと明日葉。お顔マッサージ大好き。抱っこ嫌い、でも遊んで欲しい。毎日、飼い主に刺激と癒しをくれます。体が弱く、1歳のお誕生日前に臼歯の不正咬合と診断されました。以来病院ジプシーをして現在はようやくその治療に光が見えてきました。いろいろな方の力を頂き、完治目指して頑張っています。→不正噛合は現在完治と言える状態です!叱咤激励の全てに今は感謝感謝です。



★暁さん(サトルさん)
三男坊。レッキの弟分として2012年5月26日より家族に。
ライオンラビットミックスの男子。2月24日生まれ。たまたま行ったホームセンターで、きーたんが出会い、ビビビと来てしまい、お迎えしました。モヒカンヘアがチャームポイント。マイペースで穏やかで、レッキーとは対称的な性格。季節毎の換毛でライオンになったり、ライオン脱いだり風貌がかなり変わります。
2015年3月26日、8ヶ月の闘病を頑張り、旅立ちました。
うーちゃんと同じお墓で眠っています。

satoru91.jpg



★うーちゃん:初代のミニウサギの男の子。なでなでと抱っこ大好きのとても大人しくて甘えん坊な子でした。食が細く1500グラムの小さな体で、切歯の不正咬合とスナッフルを乗り越え11歳のご長寿でした。今は虹の橋で暮しています。
060128_0843~01

★ちゃまお(旧レキ父):九州人。実家は今までいろんな動物を飼ってきました。(ちゃまおのお父さんは獣医さんでした。今は引退してます。) いつもレッキーのキックと引っかき傷の犠牲者。レッキーにチューするのが日課です。でも時に厳しく躾もしてくれる頼もしいちゃまお。

★きぃ~たん(旧レキ母):どこに住んでも博多弁まるだし。派遣でフルタイムで働いています。レッキーさんのご飯係とお掃除係と遊びと運動とお顔マッサージとスプレー行為の的の係。

レッキー王子は現在・・・

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2ブックマーク

仲良しうさ友さんの承認制です。

Lecky_minirexをフォローしましょう

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。