ミニレッキス★レッキーとの日々★

レッキー王子の日々あれこれ~レッキーは2017/1/1に天寿を全うしました~

*******************************************

ウサギを家族にして20年目です。次男レッキーは臼歯の不正咬合を持つミニレッキスで、生後半年くらいから、3週間に1度の麻酔治療が必要な子でした。現在は、レッキーを可愛がってくださる沢山の方々のお力のおかげで、定期的な経過観察はしていますが、ほぼ完治という状態です。レッキーは歯が悪くなって以来牧草を食べません。変わりに、ペレットとタップリの野菜を食べています。
また初めてウサギを飼う方でミニレッキスで検索されて、このBLOGにたどり着いた皆様へ。レッキスは、やんちゃで、キック力が強いのですが、とても賢いので付き合い次第で、とても良い関係になれる種だと思います。しかし、ウサギはマンションでも飼える小動物ではありますが、マスコミ等で取り上げられているほど簡単に飼える命ではありません。基本的に臆病な生き物で個性も癖もそれぞれ違いますし、懐くのに時間がかかったり、怖い目に合うと噛み付くようになる子も居ます。種によってもかなり個性が違います。時には大きな病気、もしくは長い付き合いになる病気をする子も少なくありません。女の子・男の子でも違いますし、病気になった場合は医療費はかなりの高額になります。一回の診療で万単位でかかることが多いです。ウサギさんを迎え入れる前に充分のお勉強と覚悟をしてから、近所にウサギを診てくれる獣医さんが居るかも調べてからお迎えしてあげてください。(これ、かなり重要です。ちゃんと、エキゾチックアニマルの知識のある獣医を探してください。)そしてお迎えした以上は、最後を看取るのも飼い主としての大切な役目であることを覚悟しておくことも必要です。どうか一緒に暮らせる限られた時間を大切にお過ごしください。なお、このBLOG内にて私が日常レッキーに使ういろいろな物を掲載しておりますが、こちらもおススメする意味で掲載はしておりません。ご使用は個々の責任にてお願いいたします。

以前は、頻繁に更新してましたが、いろいろなことがあり、今は現状報告みたいな感じで放置気味に更新しています。コメント欄もほぼ閉じているコミュニケーション欠乏BLOGです。ツイッターはよくつぶやきますが、ウサギを通してコミュニケーションを深め、個人的に仲の良いうさ友さんとの専用&かなり個人的な内容も書いてるので、フォローはコミュニケーションを深めてから、承認させていただいております。

2012年5月、弟分、暁(サトル)さん(ライオンラビットミックス)をお迎えしました。超マイペースで、今のとこ健康。好き嫌いなく食べる子です。我が家で、初めて牧草を食べるウサギさんです。お月様のうーちゃんともレッキーとも個性も好みも全く違います。その分多頭飼いをして良かったと思う今日この頃です。

2015年3月26日、八か月の闘病をとってもとっても頑張った暁は、虹の橋へ旅立ちました。

2015年5月30日、アメファジとして販売されていた、明らかにmixうさぎの、ポコ太をむかえました。

*******************************************
cha1.jpg
  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

データが消えたのでレキさんの身体のことについてのまとめ

2011.02.20 (Sun)

この記事はデータがなくなったのでキャツシュを見ながら、おおまかに
闘病記をまとめてみたものです。



s1270144.jpg 

s1270168.jpg s1270170.jpg

ええ、ええ、また2週間くらい前から、明日葉が近所のスーパーから
消えましたのでございますのよ。
デパート系のスーパーには、あるばってんがくさ、398円もするけん
セリとか、小松菜で嵩増ししとったつもりが、やっぱり気づかれちまったようでR。

****************************

いろいろな方のお力添えと励ましの中、レキと一緒に体質改善に取り組んだ5ヶ月。その5ヶ月の間、歯の治療をすることもなく、2010年、12月8日に電車を乗り継ぎ、病院へ参りました。


検診では、まずお口の中を見ていただきました。今までの病院ではタオルでくるんでも顔をブンブン振ってお口の中を見られるのを嫌がる、ドラ息子でしたが先生が「ちょっとお口の中見るね。お口開けてね。」って声をかけて
くださると、あらら、不思議、アーンと大きなお口を開けて、目を閉じて、大人しく診てもらっていました。
歯は、とがってる部分もできつつあるけど、上手にかみ合わせ出来るようになってきているようで、舌に当たっている様子は見られないとのこと。浮腫んだ舌の様子は、最終的には1月の歯の治療で麻酔をかけた時に詳しく見ていただいたのですが、浮腫みもかなり取れて、そのため嚙み合わせがかなり良くなり、また尖ってきても舌の容積が小さくなったので、舌に当たることもなくなってきたのではないかということでした。しかし、舌から飛び出ている「味蕾」のツブツブも数は減ってはいるものの、まだ普通のウサギさんに比べると、ブツブツと飛び出ているので、今後も体質改善をがんばること。

体重は、300グラム減っていました。本当は1年で300グラム落とす予定でしたが、レッキーの場合、そもそもの食事内容がジャンキーすぎたこと、また、水分の代謝が悪かったので、オシッコの量が増えたことで余分な水分を身体から出すことができたので、一気に減ったというわけです。その証拠に血液中のALPの数値は正常範囲内。(ウサギは極端なダイエットをすると肝臓に脂肪が貯まりこの数値がすごく悪くなり危険なのです。)

続いて血液検査では、前回「突然死する」と言われた程の1302もあったCPK(心臓の数値)が、基準「99~471」のところ220まで改善されていました。

レントゲンでも余分な脂肪が取れたので脂肪が圧迫していた心臓も綺麗な形。内臓もくっきり見えて、明らかにスッキリ!!血液検査とレントゲンではハナマル印をいただきました。

前の病院では「先天的に下あごの骨が湾曲してる」と言われており、ちょっと高いところに貼ってあるレントゲンを見ると確かに下あごの骨がU字に湾曲しているように見えていました。でも今回の先生は、7月に「これは後天的」と言われていたようなので、レントゲンを間近に見せていただき、レキのアゴの部分を説明していただきました。湾曲していると私が説明を受けていた部分は、嚙み合わせが悪いことで歯根が骨の方に伸びて、そこに袋のような軟骨状のものができている、というものでした。レントゲンに顔をくっつけるようにしてよく見てみると、その部分はアゴの骨と同じものではなく違うものが袋を作っていることが確実に見て取れました。

かーたん、めちゃ納得!

結論。

レキの不正咬合の原因は、まず、SHOPから家族として迎え入れた際に、SHOPで「ご飯」として一揃えでいただいた、サプリ、エンムギ、オヤツ類の食事から始まり、うっ滞になった時にさらに「とにかく腸の動きを止めないように好きなものを食べさせること」というSHOPのアドバイスにワラをもすがる思いで、まさにジャンキーなものしか与えなかったばかりか、さらにいろんなサプリや油脂系のものを薦められ、薦められるがままに疑問も感じずに与え続けた、私の無知から来た罪。
言い訳になりますが、うーちゃんの頃にはこんなにもウサギのご飯やオヤツは充実してなくて、切歯の不正咬合で顎が完璧に歪んでいたうーちゃんは生涯たった1種類のソフトペレットだけしか食べられなかったので、もちろんこんなものも食べたことが無くて、おかたんは、レッキーが食べられるものがあるなら!と何も疑問を持たずにそういう類のものを与え続けてしまいました。

いろいろ調べていくうちに、穀類や油脂、糖分がどれだけウサギにとって大敵かということが解り・・・。
今でもいろんなオヤツやかじっても本当に大丈夫??なかじりグッズなどが販売されていますが、一切見向きもしないし、逆にクリスマスや正月などに変な飾りのついたかじりグッズなどをも見ると、人間の商業主義と自己満足のいやらしさに、イラっとくるどころかハラワタ煮え返るくらい拒否反応です。だから、年に1度のあの祭りも大嫌いになりました。
(行く人々を批判しているつもりはありません。ウサギのためならいいと思います。ただウサギを着せ替え人形のように飾りたてたり、人ごみの中連れまわすことは私は自分のウサギにはしたくないし、他のウサギさんのも診てると辛いので行くことに何のメリットも感じません。)

その結果、レキの体重は増え、代謝の悪い身体になり舌まで浮腫んだ結果、かみ合わせが悪くなり不正咬合の症状が出るようになってしまった。

派生して、心臓圧迫により、しゃっくりが止まらなかったり、1分も運動できないという危険な状態を招いてしまった。

これが、レキの不正咬合の全てでした。

今はおかげさまで、出かけていても心配で心配で気が気じゃないってこともなくなり、それより、身軽になって元気になりすぎたドラ息子は私の背中に飛び乗り、肩によじ登ってくることも多々。
ものすっごい高いジャンプを試みて、今までは飛び越えたり乗ろうとしなかったところに飛び乗ろうとするようになりました。それはそれで嬉しいけど危ないったらありゃしないので、いろんなガードをして、危ないところに飛び乗らないように気をつけています。

不正咬合の治療は今年の1月に半年ぶりにしました。まだ完全な完治とは言われていませんが、舌の状態が正常に戻り、代謝の良い身体を作れば、きっと、治療期間はもっと延びるだろうし、もしかしたら、もう治療の必要はなくなるかもしれません。きっと、そうなると信じて。

レッキーを愛してくださる皆様、このBLOGを見にきてくださる皆様に心よりの感謝を最後のしめくくりの言葉にさせていただきます。

「ありがとうございます。心より感謝。」

*********************************

しゃーないから、昨日は隣町まで電車で明日葉を買いに行ったわよ!
でもび・つ・く・り!お隣町のスーパーは葉物野菜が新鮮で充実。しかも安い!!

s1270333.jpg

ゆっくり食べれー!!

s1270346.jpg

[広告] VPS



2週間ぶりだから、とても嬉しそうに食べよーけん、まっ、いっか。




s1270125.jpg
s1270126.jpg


スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

きぃ~たん

Author:きぃ~たん
転勤族夫婦とミニレッキスの♂とライオンラビットミックスの♂の4人暮らし。

11年間福岡~関西~関東と一緒に暮した、ミニウサギのうーちゃんが2009年1月2日に虹の橋へ旅立ってから、心に穴が空いた日々。

そんな中、ミニレッキスのレッキーがやってきた!2008年11月15日生まれの男の子です。食いしん坊で暴れん坊、でもちょっとビビリなレッキーとの日々をほぼ飼い主の自己満足&かなり親ばかに綴っています。

★レッキー:2代目うささん。ミニレッキスの男の子。ブロークンブルートート。溺愛されて、王子の座に君臨しております。やんちゃで食いしん坊。好物はセロリと明日葉。お顔マッサージ大好き。抱っこ嫌い、でも遊んで欲しい。毎日、飼い主に刺激と癒しをくれます。体が弱く、1歳のお誕生日前に臼歯の不正咬合と診断されました。以来病院ジプシーをして現在はようやくその治療に光が見えてきました。いろいろな方の力を頂き、完治目指して頑張っています。→不正噛合は現在完治と言える状態です!叱咤激励の全てに今は感謝感謝です。



★暁さん(サトルさん)
三男坊。レッキの弟分として2012年5月26日より家族に。
ライオンラビットミックスの男子。2月24日生まれ。たまたま行ったホームセンターで、きーたんが出会い、ビビビと来てしまい、お迎えしました。モヒカンヘアがチャームポイント。マイペースで穏やかで、レッキーとは対称的な性格。季節毎の換毛でライオンになったり、ライオン脱いだり風貌がかなり変わります。
2015年3月26日、8ヶ月の闘病を頑張り、旅立ちました。
うーちゃんと同じお墓で眠っています。

satoru91.jpg



★うーちゃん:初代のミニウサギの男の子。なでなでと抱っこ大好きのとても大人しくて甘えん坊な子でした。食が細く1500グラムの小さな体で、切歯の不正咬合とスナッフルを乗り越え11歳のご長寿でした。今は虹の橋で暮しています。
060128_0843~01

★ちゃまお(旧レキ父):九州人。実家は今までいろんな動物を飼ってきました。(ちゃまおのお父さんは獣医さんでした。今は引退してます。) いつもレッキーのキックと引っかき傷の犠牲者。レッキーにチューするのが日課です。でも時に厳しく躾もしてくれる頼もしいちゃまお。

★きぃ~たん(旧レキ母):どこに住んでも博多弁まるだし。派遣でフルタイムで働いています。レッキーさんのご飯係とお掃除係と遊びと運動とお顔マッサージとスプレー行為の的の係。

レッキー王子は現在・・・

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2ブックマーク

仲良しうさ友さんの承認制です。

Lecky_minirexをフォローしましょう

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。