ミニレッキス★レッキーとの日々★

レッキー王子の日々あれこれ~レッキーは2017/1/1に天寿を全うしました~

*******************************************

ウサギを家族にして20年目です。次男レッキーは臼歯の不正咬合を持つミニレッキスで、生後半年くらいから、3週間に1度の麻酔治療が必要な子でした。現在は、レッキーを可愛がってくださる沢山の方々のお力のおかげで、定期的な経過観察はしていますが、ほぼ完治という状態です。レッキーは歯が悪くなって以来牧草を食べません。変わりに、ペレットとタップリの野菜を食べています。
また初めてウサギを飼う方でミニレッキスで検索されて、このBLOGにたどり着いた皆様へ。レッキスは、やんちゃで、キック力が強いのですが、とても賢いので付き合い次第で、とても良い関係になれる種だと思います。しかし、ウサギはマンションでも飼える小動物ではありますが、マスコミ等で取り上げられているほど簡単に飼える命ではありません。基本的に臆病な生き物で個性も癖もそれぞれ違いますし、懐くのに時間がかかったり、怖い目に合うと噛み付くようになる子も居ます。種によってもかなり個性が違います。時には大きな病気、もしくは長い付き合いになる病気をする子も少なくありません。女の子・男の子でも違いますし、病気になった場合は医療費はかなりの高額になります。一回の診療で万単位でかかることが多いです。ウサギさんを迎え入れる前に充分のお勉強と覚悟をしてから、近所にウサギを診てくれる獣医さんが居るかも調べてからお迎えしてあげてください。(これ、かなり重要です。ちゃんと、エキゾチックアニマルの知識のある獣医を探してください。)そしてお迎えした以上は、最後を看取るのも飼い主としての大切な役目であることを覚悟しておくことも必要です。どうか一緒に暮らせる限られた時間を大切にお過ごしください。なお、このBLOG内にて私が日常レッキーに使ういろいろな物を掲載しておりますが、こちらもおススメする意味で掲載はしておりません。ご使用は個々の責任にてお願いいたします。

以前は、頻繁に更新してましたが、いろいろなことがあり、今は現状報告みたいな感じで放置気味に更新しています。コメント欄もほぼ閉じているコミュニケーション欠乏BLOGです。ツイッターはよくつぶやきますが、ウサギを通してコミュニケーションを深め、個人的に仲の良いうさ友さんとの専用&かなり個人的な内容も書いてるので、フォローはコミュニケーションを深めてから、承認させていただいております。

2012年5月、弟分、暁(サトル)さん(ライオンラビットミックス)をお迎えしました。超マイペースで、今のとこ健康。好き嫌いなく食べる子です。我が家で、初めて牧草を食べるウサギさんです。お月様のうーちゃんともレッキーとも個性も好みも全く違います。その分多頭飼いをして良かったと思う今日この頃です。

2015年3月26日、八か月の闘病をとってもとっても頑張った暁は、虹の橋へ旅立ちました。

2015年5月30日、アメファジとして販売されていた、明らかにmixうさぎの、ポコ太をむかえました。

*******************************************
cha1.jpg
  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッキのソアホック

2012.02.05 (Sun)


s1310058.jpg

ワタクシ、魔の7連続勤務を昨晩23時半に終え、

やっと休みになったので、朝一番の予約を昨日入れて

気になってたレキさんの爪切りとソアホックを診てもらいに

かかりつけ医に行ってきました。

(ワタシが仕事に行ってる間はレキさんケージに閉じ込めるので

7連勤中にソアホックできちゃいまひた。)

s1310384.jpg

最近は大人しく爪切りされる、良い子なレキさん。



が!
 

ソアホックを診てもらったら、

「化膿してるから切開して膿出すか抗生物質でゆっくりやっつけるか」

と言われました。

赤剥けてるのは気づいていたけど、まさか化膿してるなんて!!

「ほら、真ん中が白いでしょ。これが膿んでる証拠。」ですって!

レッキ、ごめんよー!!

前回もすぐに治ったから軽いソアホックだと思ってた・・・。

「足の裏じゃなくて横だから、あまり痛くなく歩けてたんだと思うよ。」

って先生は言ってくれたけど、でも、痛かったよね。

なのに遊ぶの時間も気づいてあげなくて本当にごめん。
 
疲れて居眠りしたり、携帯いじったりしてたから注意してなかったんだ・・・。




抗生剤の飲み薬ではかなり時間かかるらしいので

すぐに切開を御願いしました。

s1310386.jpg

塗る局部麻酔して、切開して・・・。

s1310388.jpg

s1310390.jpg

これが出てきた膿。

s1310394.jpg

切開後。

s1310393.jpg

放心状態のレキさん。



今回ついでに、健康診断も御願いしました。

歯OK。(全く問題無しだそうです。)

血液検査OK。

体重2.25キログラム。

触診OK。

ウンチョスの写真。


s1310395.jpg

小さいツブツブが腸内菌で、おおきいビーンズ型のが酵母だそうです。

ウンチョスも綺麗ですって。
 
ソアホック以外は安心でした。




抗生剤1週間分をもらって、帰りました。

また土曜日に、経過観察に行ってきます。

s1310091.jpg

帰ったら、ちょっとイジケてたけど、野菜やけ食いレキさん。

とりあえずホッ。

病院行って良かった・・・。

&忙しいと心を亡くすワタシ。大反省。



****************************

ウサギにバリウムを使うことについて。

3人の獣医師に尋ねました。

3人の先生とも「使わない」とのこと。

「やたら使いたがる先生も居る。」らしい。

レキさんのかかりつけ医は

「手術が前程であっても使わない。

どこが閉塞してるか調べるなら、造影剤を使う。

犬と猫を診る先生はすぐに誤飲を疑うので

エキゾチックが専門じゃない先生なら、バリウム使うよね。」

と言われました。





そっか。やっぱり。





もし、病院でバリウムを使うと言われたら

是非セカンドオピニオン、サードオピニオンをお薦めします。
 
うさぎにとって、バリウムは体内でも「異物」となるそうです。





******************************



「花よりチモシー」のYUNさんがBLOGを更新されたので

哀悼の意を表して・・・。



去年の10月に突然飛び込んだ、ぷんちいの訃報。

レッキの憧れの美人女子のレッキスちゃん。
 


s12601241.jpg 

YUNさんの心を思うとただただ胸が張り裂けそうな気持ちで。

出来ることといえば、お花を送ることだけでした。

花屋で泣きながら送り状を書くワタシ。

お花屋さんも引くくらい泣いていました。

その翌日、闘病中だった、「また会う日まで」のたまちゃんがお月様に。

なんとも言えない無常さに、泣くことしかできず。

涙声だけど凛としてたまちゃんを見送る準備をする

まあちゃんの電話の向こうの声が救いだった。

たまちゃんは最後に大きなお仕事をしてお月様に登ったね。

君の残した功績は大きいよ。




そして1月10日、広島のグラスちゃんがお月様に。

大晦日からあの日までのことは一生忘れない。忘れられない。

同じお花屋さんで、また泣きながら送り状を書くワタシ。

花屋さんは事情を察してくださって、迅速な対応をしてくださいました。

グラスちゃんにはいろんなことを教えてもらいました。

上記、うさぎとバリウムについて、もその1つです。

君の生きた兎生を今後もずっと生かすからね。



レッキーがお月様に行く日は、安心かな。

みんなが、迎えてくれるだろうから。

甘えっこだから、みんなで途中まで迎えに出てやってね。



だからワタシはもっとレッキを大事にしなくちゃ。

「良い兎生だったよ、あばよ!」て言ってもらえるくらい

笑って見送れるくらいの素敵な兎生にしてあげなきゃ。



レッキ、ソアホック化膿させて、ごめんね。

がんばって早く治そう!


****************************

埼玉にお住まいの皆様へ

レキさんのかかりつけ医も夜間当番医を勤めている

埼玉の夜間動物救急病院が鳩ヶ谷市から移転し

新しく「どうぶつの総合病院」として

川口市で夜間救急と2次診療を始めたそうです。

武蔵野線東川口駅からタクシーで1000円くらいだって。



「どうぶつの総合病院」

 川口市石神815 

 代表 048-229-7390

 夜間救命救急 048-229-7299
 (PM21:00~AM3:00)

 http://www.syn.ne.jp


 2次診療では、MRI CT検査を受けられます。
 但し、申し込みは、かかりつけの獣医師からのみ。







スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

きぃ~たん

Author:きぃ~たん
転勤族夫婦とミニレッキスの♂とライオンラビットミックスの♂の4人暮らし。

11年間福岡~関西~関東と一緒に暮した、ミニウサギのうーちゃんが2009年1月2日に虹の橋へ旅立ってから、心に穴が空いた日々。

そんな中、ミニレッキスのレッキーがやってきた!2008年11月15日生まれの男の子です。食いしん坊で暴れん坊、でもちょっとビビリなレッキーとの日々をほぼ飼い主の自己満足&かなり親ばかに綴っています。

★レッキー:2代目うささん。ミニレッキスの男の子。ブロークンブルートート。溺愛されて、王子の座に君臨しております。やんちゃで食いしん坊。好物はセロリと明日葉。お顔マッサージ大好き。抱っこ嫌い、でも遊んで欲しい。毎日、飼い主に刺激と癒しをくれます。体が弱く、1歳のお誕生日前に臼歯の不正咬合と診断されました。以来病院ジプシーをして現在はようやくその治療に光が見えてきました。いろいろな方の力を頂き、完治目指して頑張っています。→不正噛合は現在完治と言える状態です!叱咤激励の全てに今は感謝感謝です。



★暁さん(サトルさん)
三男坊。レッキの弟分として2012年5月26日より家族に。
ライオンラビットミックスの男子。2月24日生まれ。たまたま行ったホームセンターで、きーたんが出会い、ビビビと来てしまい、お迎えしました。モヒカンヘアがチャームポイント。マイペースで穏やかで、レッキーとは対称的な性格。季節毎の換毛でライオンになったり、ライオン脱いだり風貌がかなり変わります。
2015年3月26日、8ヶ月の闘病を頑張り、旅立ちました。
うーちゃんと同じお墓で眠っています。

satoru91.jpg



★うーちゃん:初代のミニウサギの男の子。なでなでと抱っこ大好きのとても大人しくて甘えん坊な子でした。食が細く1500グラムの小さな体で、切歯の不正咬合とスナッフルを乗り越え11歳のご長寿でした。今は虹の橋で暮しています。
060128_0843~01

★ちゃまお(旧レキ父):九州人。実家は今までいろんな動物を飼ってきました。(ちゃまおのお父さんは獣医さんでした。今は引退してます。) いつもレッキーのキックと引っかき傷の犠牲者。レッキーにチューするのが日課です。でも時に厳しく躾もしてくれる頼もしいちゃまお。

★きぃ~たん(旧レキ母):どこに住んでも博多弁まるだし。派遣でフルタイムで働いています。レッキーさんのご飯係とお掃除係と遊びと運動とお顔マッサージとスプレー行為の的の係。

レッキー王子は現在・・・

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

FC2ブックマーク

仲良しうさ友さんの承認制です。

Lecky_minirexをフォローしましょう

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。